美白のために重曹を使ってみる

###Site Name###

重曹というと、パンを作る時に使う人や、掃除や洗い物をする時にクレンザーとして使う人が多いですが、美白効果があるということで洗顔に利用する人も増えています。
温泉の成分でもあり、昔から食品としても使われているので、安全性は非常に高いです。

その上、皮膚を柔らかくして、毛穴の汚れを落とすピーリング効果もあるのです。
温泉でも、重曹成分を含むアルカリ性泉は、石鹸のように皮脂の汚れ落ちが良く、温泉に入ると、肌がツルツルになります。ですから、角質ケアをして美白効果を狙っている人の中には、お風呂に重曹を適量入れて入浴する人も少なくありません。



入浴剤として使う場合は問題ありませんが、洗顔に使う場合はキメが細かいタイプのものを使うようにします。


洗顔方法は、洗顔料をよく泡立てて、小さじ1程度の重曹を入れて洗顔するだけです。

また、レモン果汁と重曹を1対1で混ぜると、クリーム状のクレンジング剤を作ることができます。

発生した炭酸ガスが、毛穴の奥の汚れまで根こそぎ取り去ってくれます。このクレンジング剤で顔全体を優しく洗い、ぬるま湯で丁寧に洗い流すと、肌がツルツルになります。

レモンにはビタミンCが含まれているので、シミが薄くなるなどの美白効果も期待できます。

ただ、乾燥肌、敏感肌の人には刺激が強い場合がありますので、注意が必要です。

洗顔の後は、保湿をしっかりすることが大切です。



汚れをきれいに取った後は、化粧水や美容液の浸透も良いので、美容効果が高まります。

大宮の美容皮膚科の知識を持つことが重要です。